わたしの空色

mazure.exblog.jp

グラフィックデザインをしている私の日々のエッセイ

カテゴリ:わたしの窓から( 92 )

再び「京工房」へ

最近やっとあたたかくなってきました。

4月2日に、再び「京工房」を訪れる機会がありました。
支援をするきっかけになったディーコレクティブ・Woman'sの石山さん、
事務所代表でもある主人と、カメラマンの工藤さん、私の4人で行きました。

お昼近くに到着し、石山さん、当事務所、それぞれの打合せをしました。
現地ボランティアのふらっとーほくの阿部さん、同スタッフの方も駆けつけてくれ
ました。

c0152842_1121229.jpg

    PHOTO:Futaba KUDO

打合せが終わると、京子さんがお昼にと、お店の総菜や餅米のご飯を振る舞って
くださいました。

c0152842_11242589.jpg
  ひじきの煮物、
  きんぴらごぼう、
  油揚げに卵が入ったお惣菜、
  どれも、優しく懐かしい味で、
  とても美味しかったです。
  感激でした。
  写真真ん中のキムチは、京子
  さんの手作りで、本場韓国を
  思わせる味わいのキムチです。
  4月中旬までの限定品ですが、
  こちらもとても美味しい!!




最後に皆さんで記念撮影しました。

c0152842_1129192.jpg

    PHOTO:Futaba KUDO

山形に戻ってから、当事務所代表の主人のご友人が山形が本社のスーパー、ヤマザワに
務めていらして、京工房の「京子の万能だれ」のプレスリリースと現物を早速お届け
してきました。状況を聞いたご友人のご配慮で、ヤマザワの宮城県内支店で、京工房の
近くの2店舗で取扱ってもらえることに!!
後日、京子の万能だれ500本の注文がありました。

お近くにお住まいの方や、お近くを訪れる方は、ぜひ京工房さんへ足を運んでみて
ください。
[PR]
by m_azure7 | 2012-04-17 11:42 | わたしの窓から
先日、からから煎餅をいただきました。

からから煎餅とは… 山形県庄内地方に江戸時代から伝わる伝統ある駄菓子で、三角形に
折り込まれたせんべいの中に、和紙に包まれた小さな玩具や工芸品が入っているものです。
ちょっと、フランスのガレット・デ・ロワ的な楽しさのあるお菓子で、機会があれば
ぜひ食べてみたいものだ…。と思っていた代物。

先日、カメラマンの工藤さんが、イチゴをお届けした時にくれました。

そして、念願のからから煎餅がこちら。
ホワイトデーバージョンらしい。チョコがついてました。

c0152842_16531558.jpg

割ってみると…

c0152842_1655984.jpg

何かでてきた!!(のwの)

c0152842_16563691.jpg

どうやら、指輪らしい♪ さすがホワイトデーバージョンだ!!

c0152842_16572211.jpg


念願のからから煎餅、予想以上に楽しく、煎餅の味は、予想通りの黒砂糖の味。
感激しました。
[PR]
by m_azure7 | 2012-03-28 17:04 | わたしの窓から
今月初旬、宮城県亘理郡山元町を訪れました。

先月、市民活動まつりが終わった後に、相談のあった京工房の「京子の万能だれ」の
ラッピング(ラベル)とパンフレットを事務所で支援することになり、取材を兼ねて
現地を訪れました。

山元町体育文化センター敷地内にある仮設店舗で営業している「京工房」へ
向かいました。山元町の駅は、昨年の大震災で駅舎も線路も流され、亘理駅まで現地
ボランティア「ふらっとーほく」の阿部さんが迎えに来てくれました。

c0152842_18145415.jpg

               亘理の駅舎

亘理駅から車で20分くらいのところに山元町で1番大きいと言われる仮設住宅があり、
仮設住宅の入口に仮設店舗が並んでいます。

c0152842_18171389.jpg

   6件の仮設店舗が入っていました。ラーメン屋さんから海苔屋さんなど。

今回、支援することになった「京工房」は、京子さんのご主人が丹誠込めて作られた旬の
野菜を使い、化学調味料や保存料を一切使わない、和食を中心としたメニューで、
小さなお子様からご年配の方まで一緒に食べられる、優しくコクのある味付けのお惣菜と
野菜を販売しています。

東日本大震災で、家や田畑、これまでの生活の全てを失われながらも立ち上がったご夫妻
が、2012年1月から営業しています。

昔ながらの食の智恵を活かした方法で、味噌や一味などの調味料も、ご自分で作っている
京子さん。三世帯一緒に暮らしてきた京子さんは、世代ごと別々のものを食べるのではなく
皆一緒に同じ食事を囲めるよう、栄養のバランスや旬の味にこだわっています。
お店は京子さんが一人でお店を切り盛りしています。

c0152842_18344164.jpg

             京子さん お店の前にて
 
「お店には仮設住宅や近所の方が買いに来てくれます。もうけは考えていないので、商品は
 一部を除いて100円均一。お客さんとお茶でも飲みながら話をしていると前向きな気持ち
 になれます。
 今は夫婦で町民グラウンド仮設住宅で暮らしていますが、いずれ自宅を建て直し、元の場
 所に戻るのが夢です。」河北新報 2012.3.2朝刊「被災者 いま」より抜粋

お店では、京子さんがたれや味噌、山元町の特産品のいちごから、旬のほっき飯や、たれを
使ったお料理まで、いろいろ準備してくださっていました。
いろいろお話を伺うなか、あんなにつらいことがあったのに、笑顔を絶やさない京子さんの
素朴で、でも凛とした雰囲気。そして、本当にいいものにこだわって作られる「たれ」の良
さを最大限に活かそうと思いました。

ご主人に京子さんの一番いいところをお伺いしたとき、「一番はこの笑顔かな」と言われ、
京子さんご自身もおっしゃるとおり、ご主人のバックアップがあってこその「京工房」には
素敵なご夫婦の希望がたくさんつまっていると感じました。

その後、確認手段のない京子さんへのプレゼンは「ふたっとーほく」の阿部さんが、こちら
から送ったメールでのプレゼンを、何度も「京工房」へ足を運んで確認してくれました。
すごく短い時間でのミッションだったにも関わらず、3.11の山形や大阪でのイベントに商品
として出品するのに間に合わせることができたのも、たくさんの方々が力を貸してくれた
おかげです。

完成したラッピングはこちら。
c0152842_1857313.jpg


プロデュース的なアドバイスを含めたプレゼンをサポートしてくれた同事務所の所長である
私の主人。
ラッピング完成後、すぐに商品撮影をしてくれた同事務所カメラマンの工藤さん。
山形分のラッピングを全て引き受けてくれた石山さん一家。
そして、なんとか「京子の万能だれ」を知ってもらおうと掛け合ったところ、快くお引き受け
いただき、番組で取り上げてくださったラジオモンスターの鈴木ワタルさんと、VigoFMの
佐竹りなさん。
取材用にカメラを貸してくれたNPOしんの安喰さん。
本当にありがとうございました。今回のミッションから学んだこと、そして、繋がった絆は、
私の宝物です。

c0152842_18594639.jpg

         3.11 山形イベントでの会場(文翔館前広場)
[PR]
by m_azure7 | 2012-03-20 19:02 | わたしの窓から
日曜日、第4回 やまがた市民活動まつり がありました。

今年でもう4回目になる市民活動まつり、今年もいろんなNPO、ボランティア団体が
参加しました。主人と私も「カジョウコミューン」で裏方で参加しました。
ブース展示やポスター展示、ステージ部門と、イベントコーナーもあります。

c0152842_11421919.jpg

    PHOTO:Futaba KUDO

今年も高校生のボランティアのみなさんと、顧問の先生が参加してました。
山形市のお宝後方大使「はながたベニちゃん」もイベント中ずっと会場を回っていました。
このベニちゃん、高校生のボランティアの方が4人交代で頑張ってくれていたそう。

そして、去年から参加された「サポートスクエアぱおぱお」さんと「クリエイティブ未知」
さんも出店しました。昨年、お作りしたディスプレイ用のパネルも、ずっと使ってくれて
いることも、その時の事務所でのプロデュースも参考にしながら頑張っていることも知って、
とても うれしく思いました。

準備する方から参加される方まで、たくさんの方が加わって出来る市民活動まつり。
市民活動のボランティアを知らなかったら出会えることもなかった出会いが、今の自分に
影響を与えています。
本当に、みなさま お疲れ様でした。

c0152842_1212986.jpg

    イベント終了後の記念撮影 PHOTO:Futaba KUDO
[PR]
by m_azure7 | 2012-02-29 11:38 | わたしの窓から

雪がすごい

昨年 竣工したI邸へお邪魔してきました。
今年は雪がものすごくて、道行きが不安…。

c0152842_18421340.jpg

道路両脇の雪がものすごい!
でも さすがに雪の多い地域だけあって、除雪がきれい。

主人が施主さんと建物の外の様子を確認している間に、私は家の中で、おばあちゃんに
お茶を出してもらいました。 この日は息子さんも帰ってきていて雪の積り具合を尋ね
ると、今年は特に多く、いつもの2倍くらいはあるそう…。
そういえば、I邸にたどり着く前に、道路沿いで一斉に雪かきをしている様子を見ました。

家の中はあたたかく、飼っているわんちゃんも、すごく元気。猫ちゃんも自分の指定席で
ゆったりしてました。

帰り道はこんな感じ。ちょっと陽がさしていました。

c0152842_18553099.jpg


I邸はホームページでも紹介しています。どうぞ、ご覧ください。
吉田設計+アトリエ.アジュール OBANAZAWA STYLE
[PR]
by m_azure7 | 2012-02-13 18:58 | わたしの窓から

やまがた市民活動まつり

昨日、今年で第4回目になる「やまがた市民活動まつり」の実行委員会、参加団体説明会が
ありました。

c0152842_1937298.jpg

今年のポスター。
事務所主催の市民活動団体「カジョウコミューン」で裏方で参加しています。
ポスター作成は今年で4回目。(実際は昨年12月に作られたものですが)

参加団体説明会の後、山形市市民活動支援センターのWebラジオに載せるための
収録がありました。私はちゃっかり見学です。

c0152842_1943235.jpg

収録後、ポスターを持って撮影。
近々、山形市市民活動支援センターのホームページからご覧になれます。
[PR]
by m_azure7 | 2012-01-30 19:47 | わたしの窓から

愛されるキャラクター

お仕事させていただいているデイサービス「もりんケア」で、昨年キャラクターを作らせて
いただきました。

先日、お邪魔したところ「もりすけ&もりんちゃん」が季節ごとに衣装を変えてもらったり
いろんなところに登場している光景を拝見してきました。

こちら↓

c0152842_19121196.jpg

お正月の飾りにひそむ「もりすけ&もりんちゃん」

c0152842_19141922.jpg

その前は、こんなかわいらしいクリスマスのオーナメントに。
こちらは もりんケアのブログ「もりすけ&もりんちゃん便り」でも紹介されています。

c0152842_19175510.jpg

今度は節分の鬼に!!

キャラクターがその場所に定着しているるのを拝見すると、まるで養子に出した子が大事に
育てられているのを見たような、とてもうれしい温かい気持ちになります。
お邪魔する先々で、そういう光景に出会えるのは、ありがたく、とてもうれしいことです。
[PR]
by m_azure7 | 2012-01-30 19:23 | わたしの窓から
今日、私の実家へご挨拶に行ってきました。

年末・年始と風邪のため、どこにも行かなかったので、家で編み物しました。
実家のわんこへのお洋服。(最近は洋服来てるわんこ多いですよね)
ここ2〜3年、冬用のお洋服を何着かプレゼントしました。

今回は、これ。

c0152842_17125132.jpg


図書館から借りたニットパターンの本をもとに、勝手にデザインします。

c0152842_1714668.jpg


今度は、これまでプレゼントしたお洋服のコレクションをご紹介しようと
思います。たいしたコレクションでもないかもしれませんが…。

そして、昨年は長年(?)わんこの服で慣らした腕もついに本番。
人間のセーターを編みました!(笑)クリスマスに間に合いました。
手編みのセーターは重いせいか、色のせいか、なかなか着用しようとしない
旦那も今日着用してお出かけしました。

これから、ますます寒くなりますね。
皆様、どうぞ 風邪をひかないよう お気を付けください。
[PR]
by m_azure7 | 2012-01-09 17:29 | わたしの窓から
c0152842_1652914.gif


2012年になりました。今年は辰年ですね。
私は今年は年初めから風邪をひいてしまい、自宅にこもりっきりになってしまい、
毎日届けられる年賀状を楽しみにしながら過ごしていました。

昨年はいろいろな事が起こり過ぎて大変な年でしたね。
今年一年が皆様にとって良い一年になりますように。

本年も、どうぞ よろしくお願いいたします。
[PR]
by m_azure7 | 2012-01-06 16:16 | わたしの窓から
先月、主人が出張から帰ってきて、絵本を見せてくれました。

c0152842_1093529.jpg


秋田へ出張の折、偶然にもこの絵本の作家さんと会い、いろいろお話しして
帰られた後、次の日また足を運んでくださって、絵本をいただいたそう。

久しぶりの絵本なので、喜んで拝見しました。

かわいがっていた猫とのお別れ、そして希望の再生へと続くお話です。
とても愛された猫たちとの思い出と、作者の希望が優しいタッチで描かれます。
なんだか切なくもあり、ちょっぴり羨ましいとも思いました。

うちにもにゃんこは 3匹おり、そのうち2匹は20歳(かなり高齢ですね…)。
そんな日はいつか来るかもしれないと思いつつも、いなくなることが信じられない
自分もいます。
カタチを変えても、そばにいるっていう証を感じられるっていうのは素敵だなと
思いました。

実は、この絵本がうちに来る少し前に、私も本を手に入れていて、

c0152842_1023133.jpg


近くのジャスコの本屋さんで、メルヘンタッチな絵に誘われて中身を知らずに
立ち読みし、思わずその場で号泣しそうになった1冊です。
(思いっきり油断してました…)

不思議なご縁ですね。絵本を見せてもらったとき、そう感じました。
[PR]
by m_azure7 | 2011-07-13 10:31 | わたしの窓から