わたしの空色

mazure.exblog.jp

グラフィックデザインをしている私の日々のエッセイ

2012年 11月 15日 ( 1 )

先週の日曜日、大石田町の次年子に行ってきました。

山里はもうすっかり秋。
もう冬支度が始まって、なんだか寒い日でした。

c0152842_23471499.jpg

   写真では分かりにくいかと思いますが、まるで着物の柄のような色合い。

この日のお目当ては、次年子窯という陶器製の風呂釜も作っている窯でした。
お昼頃に伺う予定だったので、お昼に次年子のお蕎麦も食べて行こうという主人からの提案
でした。

そば切り 源四郎 というお蕎麦屋さんで食事。残念ながらお写真を撮るのを忘れてしまい
ましたが、板蕎麦ときじ汁をいただきました。
食事中、主人がお店の方に次年子窯のことを聞くと、なんと向かいの丘の上にあるとのこと!
しかも、源四郎さんのきじ汁の器は次年子窯さんで作られたものだそうで、お蕎麦が美味し
かったのと、お邪魔する前に作品を拝見出来たことに感激しました。

c0152842_23591596.jpg

           この真ん中の丘の上の建物が次年子窯

食事が終わって、お約束した時間にちょっと早かったのだけれど、お邪魔することに。

c0152842_023676.jpg

  過疎化により小学校が2005年に閉校になり、2012年取り壊しの予定だったそう。

c0152842_035231.jpg
 入口の前の木。
 もう何年もの卒業生を見送って
 きたのでしょう。
 太くて立派な木です。
 木の周りにも楽しげな仲間が
 たくさんいました。















中に入って、お話を伺い、いろいろ見学させていただきました。

c0152842_010142.jpg

  右が 次年子窯 (株)ブリッジ 代表の高橋さん。

作品も作品に対する思いも、高橋さんのお人柄もとても温かくて、
何よりこの建物や周りの風景も合いまって、何とも言えない雰囲気を醸し出してました。
ここでは、陶芸教室も体験できるそうです。また来たいなと思う素敵なところでした。

次年子窯のホームページ。ぜひご覧ください。
http://www.jinengo-gama.jp/
[PR]
by m_azure7 | 2012-11-15 00:19 | わたしの窓から