わたしの空色

mazure.exblog.jp

グラフィックデザインをしている私の日々のエッセイ

本の世界 「いつまでもいっしょだよ」

先月、主人が出張から帰ってきて、絵本を見せてくれました。

c0152842_1093529.jpg


秋田へ出張の折、偶然にもこの絵本の作家さんと会い、いろいろお話しして
帰られた後、次の日また足を運んでくださって、絵本をいただいたそう。

久しぶりの絵本なので、喜んで拝見しました。

かわいがっていた猫とのお別れ、そして希望の再生へと続くお話です。
とても愛された猫たちとの思い出と、作者の希望が優しいタッチで描かれます。
なんだか切なくもあり、ちょっぴり羨ましいとも思いました。

うちにもにゃんこは 3匹おり、そのうち2匹は20歳(かなり高齢ですね…)。
そんな日はいつか来るかもしれないと思いつつも、いなくなることが信じられない
自分もいます。
カタチを変えても、そばにいるっていう証を感じられるっていうのは素敵だなと
思いました。

実は、この絵本がうちに来る少し前に、私も本を手に入れていて、

c0152842_1023133.jpg


近くのジャスコの本屋さんで、メルヘンタッチな絵に誘われて中身を知らずに
立ち読みし、思わずその場で号泣しそうになった1冊です。
(思いっきり油断してました…)

不思議なご縁ですね。絵本を見せてもらったとき、そう感じました。
[PR]
by m_azure7 | 2011-07-13 10:31 | わたしの窓から